リロさんのTOYBOX

周辺機器レビューやゲーム日記を詰め込むブログ‼

【amazonプライムデー】購入物レビュー Fire TV Cube編

f:id:Lerosan:20201025121726p:plain

こんにちは、リロさんです。

 

10月13日、14日で開催された今年のamazonプライムデー

今回は2万円以上の購入でポイントがもらえるキャンペーンだったので複数の商品を購入しました。(散財だとはわかってはいるけど買わずにはいられない!)

今回レビューするのはその第2弾Amazon 「Fire TV Cube 4K」です。

私の所持しているテレビではyoutubeNetFlixを見れなかったので今回購入しました。

 

Amazonプライムデー商品レビュー第1弾では「ハンドブレンダー」を

レビューしていますので是非こちらもご覧になってください!

 

www.lerosanblog.com

 

 

目次

 

 

Fire TV Cubeとは

Alexa搭載していて、話しかけることでテレビの電源のON,OFFから音量調整、各種コンテンツ操作ができるハンズフリーなストリーミング・デバイスです。

 

Amazon Fire TVシリーズの中で最もパワフルなヘキサコア内蔵で4K Ultra HD、Dolby VisionDolby Atmos、HDRなどが楽しめ、高速起動によりお気に入りのコンテンツが

即座に楽しめます。

 

スピーカー内蔵なのでAlexaから天気予報やニュース、音楽などをTVを付けていないときでも楽しむことができます。

 

Fire TV Cubeの特徴

形状がキューブ型

Fire TV Stickと違いテレビ背面のHDMI入力端子に差し込むタイプではないためテレビ台に設置スペースを確保する必要があります。

 

4K画質に対応

4K対応テレビをお持ちの方はより高画質で動画の視聴が可能です。

 

ヘキサコアによる高速起動、動作速度の上昇

Fire TVとFire TV Stick 4Kがクアッドコア(4コア)だったのに対し、Fire TV Cubeは

ヘキサコア(6コア)となっているためCPUの性能がアップしており、

高速な起動と操作した際の速度(動画の読み込み、ページの切り替え)などが

相対的に早くなっています。

 

Fire TV Cubeの価格

amazon通常価格 14,980(10/25現在)

セール時価格 8,980円(10/13時点)

 

 

 

パッケージ

f:id:Lerosan:20201025123349j:plain

パッケージの色はオレンジでしっかりとAmazonのロゴが入っています。

上部にはどのようなコンテンツが見ることができるのかわかりやすく記載がされていますね。

下部には4KHDRとボイスコントロールの文字があります。

 

f:id:Lerosan:20201025123408j:plain

パッケージ背面には簡素に基本的な性能とできることがまとめられています。

これは知らなかったのですが、Alexaスキルは2500種類にもなるのですね!

Alexaにやってほしい動作の言葉はほとんど対応してそうな印象です。

 

f:id:Lerosan:20201025123424j:plainf:id:Lerosan:20201025123443j:plain

側面には同梱内容と動作環境あとは機能全般が表示されています。

なんとも情報量の多いパッケージですね。

 

内容物一覧

f:id:Lerosan:20201025123600j:plain

内容物は以下のようになっています。

Amazon Fire TV Cube本体(第2世代)

Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)

単4電池 2個

電源アダプタ

赤外線(IR)延長ケーブル

Amazonイーサネットアダプタ

取扱説明書

 

Fire TV Cube本体

f:id:Lerosan:20201025123833j:plain

正面の上部角にはライトバーになっていてFire TV Cubeの状態を色で示します。

正面下部にはAmazonのロゴが入っています。

 

本体上面には4つのボタンが付いています。

±で音量のアップ、ダウン

〇に/の記号のボタンでマイクのオン、オフ

・はアクションボタンとなっておりAlexaの起動などをおこないます。

 

f:id:Lerosan:20201025123843j:plain

背面にはFire TV Cubeの配置方法を記載したシールが貼ってありました。

 

f:id:Lerosan:20201025123853j:plain

背面のシールをはがすと各種ポートがあります。

左から順に以下のような配置となっています。

MicroUSBポート、赤外線(IR)ポート、HDMIポート、電源ポート

 

赤外線を遮るものがなく、赤外線延長ケーブルを使用しないのであれば赤外線ポートへつなぐ必要はありません。

MicroUSBポートは有線接続が必要な際はイーサネットアダプタを使用しますが無線LANがある家庭の場合は無線接続もできるので不要となります。

 

私の場合はHDMIと電源のみ接続し、無線LANと接続して使用してます。

 

Alexa対応音声認識リモコン

f:id:Lerosan:20201025123930j:plain

上部におんせい認識ボタンとマイクがあるので手元で話しかけるだけで音声操作ができる便利なリモコンとなっています。

 

テレビのリモコンと比べるとサイズはかなりコンパクトとなっています。

 

電源アダプタf:id:Lerosan:20201025124005j:plain

 

赤外線(IR)延長ケーブル

f:id:Lerosan:20201025123952j:plain

赤外線が届きにくい位置にFire TV Cubeを設置する場合はこちらの延長ケーブルを使用して赤外線の届くところまで延長してあげる必要があります。

 

Amazonイーサネットアダプタ

f:id:Lerosan:20201025123940j:plain無線がないので有線接続する必要がある、無線だと回線が安定しないなどの場合は

こちらのアダプタを使用して、ネット回線への有線接続をおこなってあげる必要があります。

 

自宅の無線では動画の読み込みが止まってしまうなどの現象もなかったため

ケーブル類でゴチャ付かないようにする為、使用はしていません。

 

設定手順

①言語設定

f:id:Lerosan:20201025124043j:plain

もちろん日本語で設定します。

 

②ネットワーク設定

f:id:Lerosan:20201025124059j:plain

f:id:Lerosan:20201025124117j:plain

f:id:Lerosan:20201025124134j:plain

無線接続で設定しています。

特に難しいところはありませんでした。

 

f:id:Lerosan:20201025124150j:plain

ネットの設定が終わると最新ソフトウェアをダウンロードし始めます。

 

Amazonへのサインイン

f:id:Lerosan:20201025124207j:plain

f:id:Lerosan:20201025124225j:plain

2段階認証を設定している場合認証コードが必要になります。

 

f:id:Lerosan:20201025124242j:plain

少し面倒ですが安全のため2段階認証設定することをお勧めします。

 

④機能制限設定

f:id:Lerosan:20201025124259j:plain

一人暮らしのため機能制限する必要はありません!

 

⑤アプリ設定

f:id:Lerosan:20201025124316j:plain

後ほどダウンロードもできますが最初に必要なアプリをダウンロードしておきましょう。

 

f:id:Lerosan:20201025124331j:plain

f:id:Lerosan:20201025124347j:plain

f:id:Lerosan:20201025124403j:plain

f:id:Lerosan:20201025124418j:plain

f:id:Lerosan:20201025124435j:plain

必要そうなものを選びました。

視聴するのはほぼyoutube、Abemaでしょうけどね。

NetFlixはアプリダウンロードに記載はありませんでした。

 

⑥Alexaの機器コントロール設定f:id:Lerosan:20201025124450j:plain

f:id:Lerosan:20201025124505j:plain

f:id:Lerosan:20201025124522j:plain

音声認識による電源のON,OFFが使用できるかご自身のテレビメーカーを探す必要があります。

数は膨大にあります。

かなり古いテレビでなければ、ほとんどの機種は対応しているのではないでしょうか。

 

f:id:Lerosan:20201025124539j:plain

私のテレビはOrion(現在はドウシシャに合併吸収されている)という日本のメーカー品で6、7年前のモデルになるのですが普通にありました。

かなりマイナーなメーカーもありそうですね。

 

⑦音声出力設定

f:id:Lerosan:20201025124554j:plain

音声出力の方式を選びます。

 

f:id:Lerosan:20201025124611j:plain

設定が終わるとテレビを自動的に再起動します。

 

f:id:Lerosan:20201025124646j:plain

再起動が終わるとAlexaから音声認識で電源のON,OFFが可能となります。

 

f:id:Lerosan:20201025124704j:plain

音声が正常に出ているか確認。

 

f:id:Lerosan:20201025124716j:plain

f:id:Lerosan:20201025124732j:plain

音声に問題なければ次の工程へ

 

⑧機材接続確認

f:id:Lerosan:20201025124749j:plain

f:id:Lerosan:20201025124806j:plain

私の場合は4Kを選択しました。

(テレビ自体は4Kに対応していませんがこれを選択しないと進みませんでした。)

 

f:id:Lerosan:20201025124823j:plain

f:id:Lerosan:20201025124840j:plain

f:id:Lerosan:20201025124857j:plain

f:id:Lerosan:20201025124913j:plain

入力設定を変えて問題なく画面が切り替わるか確認します。

 

⑨設定終了

f:id:Lerosan:20201025124929j:plain

これで一通りの設定は完了し使用することができるようになりました。

 

f:id:Lerosan:20201025124950j:plain

ホーム画面にはNetFlixのアプリが表示されているので後ほどダウンロードしました。

 

 

使用感

 Alexa自体は元々BOSE SOUNDBAR 500を使用しているので便利なのは知っていました!

しかし、今回はテレビの電源から番組の視聴まですべて音声認識で操作できると

世界が変わってきますね。
リモコンに手を伸ばす必要がないのでなる前の視聴の際に布団に入ったまま指示を出し
最後は「Alexaテレビを消して」と言ってしまえばそのまま眠りにつけます。
 
また、オンラインのコンテンツを無数に見ることができる上に、テレビをつけていなくてもニュースや音楽、天気予報を確認することができるのでよりテレビで地上波を見ることがなくなりそうです!
 
動作も快適で音声認識の認知速度も速く動画の読み込みも無線で全く問題ありませんでした。
さすがヘキサコアだね‼
 
ここまでは良い点を挙げてきましたが、若干悪い点もあります。
・キューブ型なので配置場所をとる
 そこまで大きくはありませんが一辺が7~9cmサイズで
 テレビの前に配置してしまうと画面と被ってしまう場合もあります。
 
・Fire TV Cube本体から出るAlexaの音量が大きい
 本体の音声出力の音量の調整方法がわからないんですよね…もしかしてない?
 かなり大きめの音でしゃべるので深夜などは気を使います。
 
・値段が高い
 Fire TV Stick 4Kなどと比較しても倍以上の値段がします。
 特に動作速度などにこだわりがない方は、7,000円ほどで購入できる
 Fire TV Stick 4Kを購入したほうが良いかもしれません。
 

まとめ

私のようにFire TVシリーズを持っていない方、4K動画を見たい方、快適な動作を求める方には良い商品になりえると思います。

しかし、すでにFire TV StickなどのFire TVシリーズを持っている方、配置する場所がない方などは購入対象にはならないかなという感じです。

 

ただし、セール対象になった場合はFire TV Stick 4Kの元値と2,000円ほどしか差がない為

購入する選択肢としてはありだと思います。

サクサク動いてほしいですし、インテリアとしてもかっこいいですからね!

 

今回私はFire TVシリーズを持っていない&サクサク動作しないとストレスたまるのでイヤ!というのが条件でしたので「Fire TV Stick 4K」ではなく「Fire TV Cube」を購入した次第です。

 

次回セールがいつになるかわかりませんが気になる方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

値段としては安いのでこちらも十分に良い商品です。

 

この記事は「はてなブログ」で運営しています。

お読み頂きありがとうございました^^ノシ

読者登録お待ちしています~♪