リロさんのTOYBOX

周辺機器レビューやゲーム日記を詰め込むブログ‼

【開封レビュー】BlackWidow Lite JP 打鍵感が最高に気持ち良いキーボード‼

f:id:Lerosan:20200802133357p:plain

こんにちは、リロさんです‼

 

以前から欲しかったキーボードで、偶々amazonアウトレットで

値引き販売されていたので「RAZER BlackWidow Lite JPを購入しました。

 

使用してみるとタイピングが楽しくなるキーボードだったので今回の開封レビューで紹介したいと思います。

 

目次

 

 

 

RAZER BlackWidow Lite JPとは

 

f:id:Lerosan:20200802145657j:plain

RAZERから販売されている高い精度と応答性を誇るキ-ボード「Black Widow」シリーズのテンキーレス版で、今回は日本語配列のものになっているため商品名に「JP」と付いています。

ゲーミングキーボードでありながらオフィス作業でも活躍する見た目と機能になっていて、LEDバックライト搭載なので暗い場所でのタイピングでも盤面が確認しやすいキーボードとなっています。

 

カラーはブラックとホワイトの2色あるので白系統でデスク周りを統一させたい方にも

おすすめです。

ホワイトは女性に人気がありそうですが値段はブラックより少し高くなっています!

 

日本語配列 カラー:ブラック Amazon販売価格 10,977円

日本語配列 カラー:ホワイト Amazon販売価格 12,979円

 

たまにAmazonアウトレットでも販売されています。

私が購入したのはブラックでアウトレット価格は8,995円でした。

 

 

 

 

パッケージ&付属品

パッケージ 

f:id:Lerosan:20200802145708j:plain

f:id:Lerosan:20200802145815j:plain

今回はAmazonアウトレットでの購入になるので検品済みシールが貼ってあります。

 

f:id:Lerosan:20200802145725j:plain

パッケージは擦り傷多めでした。

内容物の商品には関係ないので私は特に気にしていません。

 

f:id:Lerosan:20200802145743j:plain

角もつぶれなどがありました。

  

f:id:Lerosan:20200802145758j:plain

日本語配列のキーボードなので英語配列のものと間違えないよう

しっかりと記載がしてあります。

 

f:id:Lerosan:20200802145833j:plain

検品後の再梱包されていためテープはAmazonのものが貼られていました。

 

f:id:Lerosan:20200802145849j:plain

f:id:Lerosan:20200802145906j:plain

背面には静音のオレンジメカニカルスイッチの記載があります。

 

f:id:Lerosan:20200802145923j:plain

f:id:Lerosan:20200802150247j:plain

中のパッケージにもRAZERのマークがありました。

 

f:id:Lerosan:20200802150322j:plain

結構ホコリが付着していますね。

 

付属品

 

f:id:Lerosan:20200802150306j:plain

感謝状と説明書

 

f:id:Lerosan:20200802150358j:plain

キーボード上の収納ボックスにはUSBケーブルが入っています。

 

f:id:Lerosan:20200802150656j:plain

取り外し可能なUSBケーブルの長さは1メートルほど

 f:id:Lerosan:20200802150634j:plain

端子部分はRAZERのイメージカラーであるグリーンとなっています。

 

f:id:Lerosan:20200802150341j:plain

キープラー(キーキャップ外し)と静音リングが付属していました。

 

見た目&機能について 

f:id:Lerosan:20200802145657j:plain

テンキーレスなのでコンパクトにまとまっていてシンプルな見た目なので

仕事用として使用しても問題ないデザインですね。

天板はアルミ製で重さは軽めですが剛性はしっかりとしています。

 

f:id:Lerosan:20200802151004j:plain

上部にUSB端子があります。

 

f:id:Lerosan:20200802151458j:plain

f:id:Lerosan:20200802151104j:plain

f:id:Lerosan:20200802151120j:plain

滑り止めの角度は1段階のみとなります。

 

f:id:Lerosan:20200802151137j:plain

キー自体の厚さは薄めです。

 

f:id:Lerosan:20200802151153j:plain

キーキャップを外すとオレンジ軸が確認できます。

 

f:id:Lerosan:20200802150934j:plain

静音リングの取り付けはキーキャップ側に行います。

 

音はかなり静かになりましたが、キーストローク(キーの沈み込み)が浅くなり独特の打鍵感が弱くなってしまいます。

私はこのキーボードの打鍵感が好きなので静音リングはつけないで使用しています。

 

f:id:Lerosan:20200802150951j:plain

 手とのサイズ比較

 

f:id:Lerosan:20200802151022j:plain

LEDは暗闇ではこのように見えます。

「fnキー」+「F11」「F12」で明るさを変更可能です。

 

 専用ソフト「Razer Synapse3」を使用することにより

キープロファイリングを変更することも可能です。

 

使用してみての感想

 

f:id:Lerosan:20200802150041j:plain

良かった点

打鍵感が最高!

コリコリしている感じで程よいクリック感があり

キーの重さもとても好みで打っていてとても楽しいキーボードです。

 

機能がシンプル!

正直いろんな機能があってもそれを使いこなす人はそういないと思います。

機能はシンプルが一番だと改めて思えるキーボードです。

 

バックライトがしつこくない!

バックライトの色が多彩なゲーミングキーボードがありますが正直そんな派手な色は

仕事では使えない、趣味で使用していても文字盤がわかりやすければいいのでカラフルさはあまり必要ないと思っている私的にはバックライトが白のみというのはとても良かったです。

 

悪かった点

私的には悪かった点はなかったのですが、人によっては気になる点だと思いますので

記載します。

 

バックライトが白のみ

私的には白のみがありがたかったのですが人によってはカラフルに光ってほしいと思う人もいますのでここは白も選択できつつカラフルなものも選択できればよかったかなという点です。

 

USB端子がmicroUSB

早々差し替えることはありませんが、端子はそろそろType-Cで統一してほしいですね。

 

まとめ

私の好みにドンピシャなキーボードでした!

タイピングがほんとに楽しくなりました^^

 

今後はタイピングが必要な作業(ブログ、検索)にはこちらを使用し、

ゲームではキーが厚めのほうが私好みなのと銀軸の反応速度が魅力的なので以前紹介した「ARCHISS Progres Touch TKL(銀軸)」を使用していきたいと思います。

 

www.lerosanblog.com

 

 

 

 

 

この記事は「はてなブログ」で運営しています。

お読み頂きありがとうございました^^ノシ

読者登録お待ちしています~♪