リロさんのTOYBOX

周辺機器レビューやゲーム日記を詰め込むブログ‼

【開封レビュー】Micro-hertz LEDテーブルトップクリップライト

f:id:Lerosan:20200604153740j:plain

 こんにちは、リロさんです!!

 

デスクライト兼フィギュア撮影のトップライト用としてMicro-Hertz「LEDテーブルトップクリップライト」を購入しましたのでレビューしていきたいと思います!

 

目次

 

Micro-hertz「LEDテーブルトップクリップライト」とは

まず購入するに当たって「Micro-hertz」を調べてみました。

中国広州省の珠江デルタ経済特区)にあるにLEDテーブルランプ、フロアランプ関連を

インターネット販売している会社のようです。

 

「LEDデーブルトップクリップライト」

クランプ式のLED発光面型デスクライトで無段階調光と5種類の色温度調整が可能です。

可動は5箇所可動する360度の広可動域で、リモコンによる操作が可能なライトとなっています。

またメモリー機能が付いているので電源をONにした際に、前回電源をOFFにした時に設定していた内容で点灯します。

 

Amazonでの販売価格は5,299円となっています。(6/7現在)

 

 

 

 特徴

・五種類調色

・五段階調光&無段階調光

・360度の広可動

・リモコン操作可能

・メモリー機能搭載

 

開封&設置

 

f:id:Lerosan:20200604172104j:plain

外箱はパッケージデザインなしの簡易包装となっています。

 

f:id:Lerosan:20200604180621j:plain

箱の中身は緩衝材に包まれた本体、付属品と説明書類となっています。

 

f:id:Lerosan:20200604181225j:plain

取扱説明書の表

取り付け方法とリモコンの操作方法が記載されています。

 

f:id:Lerosan:20200604181248j:plain

取扱説明書の裏面

製品の構造が記載されています。

 

 

f:id:Lerosan:20200604181258j:plain

リモコンは単4電池2本で動作します。

※電池は付属していないので別途用意してください。

 

内容物

・デスクライト本体

・専用電源アダプター

・リモコン

・取扱説明書

・クランプの滑り止め?(左下)

 

設置

f:id:Lerosan:20200604181941j:plain

クランプは最小0.6cm、最大7.5cmの厚さまで対応しています。

机に固定後背面にアダプターの端子を接続して配置は完了です。

 

構造、機能について

構造

f:id:Lerosan:20200604183720j:plain
クランプの付け根とランプ部分は横回転で合計5箇所に可動軸があります。

長さはライト部分が44.5cmでそれ以外の首の長さが32cmとなっています。

 

f:id:Lerosan:20200604183336j:plain

本体はアルミ製ボディーで丈夫な作りです。

可動軸3箇所は電解メッキ仕様になっていてジョイント回転時の摩擦を低減させ、

長年使用しても緩みにくくなっています。

 

f:id:Lerosan:20200604183325j:plain

ライトのトップにはタッチ操作によるON&OFFキーがありますので

手動操作も可能です。

※明るさ、色温度の変更も切り替え式で可能でした。

 

機能

f:id:Lerosan:20200604184630j:plain

色温度が3000Kの状態

 

f:id:Lerosan:20200604184619j:plain

色温度が6000Kの状態

 

3000K~6000Kまで色温度の調節が可能で、1レンジ約3000K→2レンジ約3500K→3レンジ約4000K→4レンジ約4500K→5レンジ約6000Kの段階で変更できます。

 

輝度調整も20%~100%まで5段階調整できます。

 

使ってみての感想

良かったところ

◆可動軸が多いので比較的自由に角度が変えられます。

 また間接部もしっかりとしていて保持力はとてもよかったです!

 

◆リモコンで細かい設定が出来るのは便利でした。

 

◆使用目的の一つにフィギュア撮影用のトップライトの役割があるので

 色温度、輝度の調整が出来るのはありがたいです。

※前回の「METAL ROBOT魂バルガトスルプスレクス」記事の写真もこちらのライトを使用して撮影しました。

www.lerosanblog.com

  

www.lerosanblog.com

 

 

悪かったところ

◆間接部の保持力がよいのはメリットでもあるのですが、

 動かす際は逆に硬いので予想以上に力が要るという点はデメリットでした。

※撮影の際に動かすのでそう感じましたが、一度角度を決めると普段動かす

 必要が無い方はデメリットにはなりえないと思います。

 

f:id:Lerosan:20200604185606j:plain

◆根元の可動軸の回転が360度と公式には記載れていますが、

 360度回転が出来るのは右回転のときだけで左回転では途中で回らなくなっていました。

 両方とも360語回転できればよかったんですけどね・・・

まとめ

全体的に作りはしっかりしていて機能も充実、リモコン付きでとてもいい商品でしたが、根元の360度回転が右回りでしか出来ない点が残念でした。

PC操作時とフィギュア撮影時で頻繁にライトの向きを変えるので気にはなりましたが

一度角度を決めるとそこから動かさない人の場合は大きな問題にはならないかと思います。

 

 

 

この記事は「はてなブログ」で運営しています。

お読み頂きありがとうございました^^ノシ

読者登録お待ちしています~♪